MENU

今日仕事帰りにスーパーに寄った。

 

いつもどおりの食材の買い物。慣れたスーパーで特に変わったことのない日常。

 

支払いを済ませ、官製はがきを買おうとサービスカウンターへ行くと、

 

50代くらいの女性がえらい剣幕で受け付けの若い女性に詰め寄っている。

 

黒いトレイを片手に「魚担当の人を呼んでよ!」とでかい声で。

 

後ろに並んでいる私に小さい声で申し訳なさそうに「すいません、少々お待ちください」と声をかけ

 

内線で担当者を呼び、そして担当者到着。

 

私は「魚担当ということは刺身が傷んでたのか?値段が違っていたのか?」と想像を膨らませていたら

 

その女性は「ちょっと!このシシャモ卵が入ってなかったわよ」と大声で。

 

その女性はなおも「全部食べたけど、どれもはいってなかったのよ、どうなっているの?」と攻撃を続ける。

 

魚担当の若いお兄さんは「すいません、レシートはお持ちでしょうか?それかこの商品にかかっていたラップはお持ちでしょうか?」

 

と丁寧に質問、すると女性はここぞとばかりに「あるわ」とレシートと丸められたラップのようなものを差し出した。

 

後ろにならんでした私にも見えたそのラップには大きく”シシャモ”と誰にでもわかるように張られたシールがあり

 

その下に小さくカタカナで「オス」と・・・。

 

担当の若いお兄さんは言いにくそうに「お客様、このシシャモは雄でして元から卵は入っておりませんが」

 

そのおばさんは「シシャモにオスがあるなんて知らんわ、もっと大きく書いときなさいよ、紛らわしい!!」

 

と顔を真っ赤にして帰っていきました。

 

魚担当のお兄さんと受付のお姉さんと私は顔を見合わせて苦笑い。

 

うーん、スーパーって大変ですね。